私が英会話ができるようになりたいと思ったきっかけ

 

私が英会話ができるようになりたい思ったきっかけをお話しします。私は現在人材サービス会社に勤めています。仕事は企業と求職者を繋げる仕事、分かりやすく言うと営業をしています。

企業からこんな人材が欲しいという依頼に対し、詳細をヒアリングし、その希望スペックにマッチした人を自社の登録者の中から探し、企業に紹介、斡旋をしています。あるとき取引先の新聞社から、海外向けの記事を配信するにあたり、英語のできる人、特に外国人の人を紹介してほしいとの依頼がありました。逆に日本語はほとんどできなくてもいいとのことです。私は困りました。その他のスペックも高かったので、なかなかそのスペックに合致し、日本語、英語共にできる人がいなかったのです。

自社の登録者の中には、日本語がほとんどできない人もいて、どうしてもそういう方の中からも探さないといけない状況になりました。そこでそういった方へ電話をかけ、お仕事の紹介をするのですが、何せ私は英語は読み書きは何とかできるものの会話がまったくできず、困り果ててしまいました。

あらかじめ電話をかけた目的、お仕事の内容など英語で話ができるよう準備し、電話をするのですが、当然相手からは質問がきます。まずその内容が分からないのです。内容くらいは分かるので、一旦折り返す形でなら答えられると思っていたのが、相手が何を言っているのかすら、全然聞き取れませんでした。これはいけないと思い、今後仕事の幅を広げるためにも、英会話ができるようになりたいと強く思ったきっかけでした。その後教室などに通い、現在は少しづつですが相手が言っていることを理解できるようになってきました。まだこちらから話すことはあまりできていませんが、もっともっと英会話ができるようにがんばっていきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket