ものまね歌手になったつもりで発音練習

私は以前一年間カナダに住んでいた事があります。全然英語も話せませんでしたが、英語は学生の頃から苦手では無かったので、カナダに行くことが決まった時からとりあえず、日常的に必要そうな会話文や使いそうな単語は頭の中に叩きこんでおこうと思い自分なりに準備はして行きました。

ですが、実際に話してみると全然通じませんでした。そうです、誰もがぶち当たる「発音」の壁です。
“ものまね歌手になったつもりで発音練習”の続きを読む

幼児期からの英語学習について

ある程度、日本語が話せるようになった3歳以上の幼児に英語を学ばせたい場合です。

「もう日本語を覚えてしまったからネイティブ並の美しい発音は無理だろう」とあきらめる保護者のかたも多いのですが、実はそんなことはありません。逆にきれいな発音をゲットできる最終段階におられるのです。

指導してきた経験上、小学校2年生くらいまでがギリギリ間に合うラインのように思います。この年齢までに英語の音声をたくさん浴びることが大切で、耳からはいった英語の音を自然にマネできるようになります。ぜひそのチャンスを逃さないでほしいです。

“幼児期からの英語学習について”の続きを読む

英語が少しのきっかけでわかるように

私は学生時代、英語が大の苦手科目でした。大学を受験する際は、文系でも理系でも避けては通れない科目です。

そもそも高校時代は、まともに勉強をしないダメ学生で、センター試験3ヶ月前ぐらいから真面目に勉強し始めました。付け焼刃の勉強でも、暗記科目の日本史はそこそこ点がとれましたし、国語は現代文はフィーリングで解けたので、なんとか見られる点数にはなりました。しかし、英語だけは全く歯がたたず、というよりも問題文になにが書いてあるのかすらわかりませんでした。

では、どうやって解答したのかというと、ロト6式に運を天にまかせて適当な番号を塗りつぶしました笑
“英語が少しのきっかけでわかるように”の続きを読む

英会話教室に通ってから英語に対する苦手意識が無くなった事例

何らかの分野で成績を伸ばす事ができるか否かは、好き嫌いに左右される一面があります。

基本的に人々は、好きな分野では成績が良い事が多いですね。逆にちょっと嫌いな分野の場合は、成績が今一つな事も多々あります。苦手意識などによって、ブレーキがかかってしまうからです。英語もその1つですね。

英語に対する苦手意識を持ってしまっていると、それで成績の伸び悩みが生じてしまう場合があります。 “英会話教室に通ってから英語に対する苦手意識が無くなった事例”の続きを読む

海外経験がない人で、日本が一番という人は海外留学しない方がいい

海外に行ったことがないにもかかわらず、「日本が一番」という人っていませんか?一部の報道で得た知識だけで判断してしまっていますよね。

実際に海外へ行ってその比較対象となるくらい相手を知ってからなら言っていい言葉だと思いますけど、私は他国をけなされたような気分になることがあります。相手がそんな意図で言っていることではないとわかっているのですが・・・。そういう人には海外留学でもしてもらって海外の良さを知ってもらわねばと思う人もいるかもしれません。 “海外経験がない人で、日本が一番という人は海外留学しない方がいい”の続きを読む

英文法における各項目と出現頻度の高さの見極め

英文法の中には、出現頻度が比較的少ないものが見られます。その1つは過去完了ですね。

過去完了は、高校で学ぶ事になります。いわゆる時制の項目で学習する事になりますが、大学入試での出現頻度は比較的高いです。どこかの大学に入学する事を考えているならば、ちょっと過去完了は手を抜く事ができません。

同じく、仮定法も出現頻度がかなり高いですね。仮定法過去完了などは、高校入試の中でも比較的レベルが高い方だと思います。ところが、実用英語となると話は全く別です。 “英文法における各項目と出現頻度の高さの見極め”の続きを読む

イメージや英単語の形などで覚えるノウハウ

英単語に関して、挨拶などの普段から使用している言葉は馴染んでいる事で覚えられやすいが、使用しないビジネスの言葉などはなかなか覚えにくいです。特に文字数が長いほど発音が行いにくいので、直接日本語に直して覚えたつもりでも忘れてしまう傾向です。

英単語を覚える場合、単に丸暗記をする覚え方では馴染みが無かったり、似ている意味や似ているアルファベットで困惑してしまって、正しく覚えられないで悩んでいる学生が多いです。特に高校生から社会人までのレベルの語句の場合、似ているアルファベットが多かったり、接頭辞の後に付いているアルファベットが多いです。

“イメージや英単語の形などで覚えるノウハウ”の続きを読む

英語の勉強には鏡が必要

英語の学習に必要なものとして、意外かもしれませんが、鏡があります。

なんで、鏡が必要かというと、自分自身を見るためです。鏡なんだから、当たり前ですが、自分が英語を話しているとき、どんな表情、目の開き方、口の動き方をしているか、チェックしている人はなかなかいないですよね。

鏡を見てみると、あれ、私ってこんなに無表情で話をしていたんだ。口の開き方、全然なってないな。などと気が付くことがたくさんあると思います。 “英語の勉強には鏡が必要”の続きを読む

必死で英語学習をしても英語が話せない?

英語の学習に関して私が思うこと。それは、なぜ日本人は義務教育で6年間(今は小学6年生から授業があるので正確にいうと7年間)英語を勉強しているのにも関わらず英語が話せないのでしょうか?

その答えを私は知っています。なぜなら私は義務教育の後、大学で英語を専攻したにも関わらず英語が全く話せず、その後実費で1年間語学留学をし、それでもやっぱりネイティブと話すことが困難で、その後働いたお金で2年間のアメリカでのあるプラグラムに参加す、ホストファミリーと英語漬けの生活をしてやっと英語を話せるようになったからです。英語習得までにかかった期間は義務教育を含めて系13年。人生の半分くらいを英語の勉強にそそいできたのです。
“必死で英語学習をしても英語が話せない?”の続きを読む

動画サイトのレッスン動画を見て英語学習

TOEICの点数を見るとリーディングがリスニングに比べて低いためリーディングの勉強をしていたんです。リーディングの勉強といってもTOEICの文法対策用に参考書を購入してやっていただけです。

こういう問題の時はこういう解き方をするというようなことが載っている、短時間で効率よく回せるタイプの参考書なのですが、これをやっているときに気がついてしまいました。わたしにはそもそもの基礎力がないのだと。文法の基礎がまるでなっていないことに気がついたのです。 “動画サイトのレッスン動画を見て英語学習”の続きを読む