イメージや英単語の形などで覚えるノウハウ

   2016/09/13

英単語に関して、挨拶などの普段から使用している言葉は馴染んでいる事で覚えられやすいが、使用しないビジネスの言葉などはなかなか覚えにくいです。特に文字数が長いほど発音が行いにくいので、直接日本語に直して覚えたつもりでも忘れてしまう傾向です。

英単語を覚える場合、単に丸暗記をする覚え方では馴染みが無かったり、似ている意味や似ているアルファベットで困惑してしまって、正しく覚えられないで悩んでいる学生が多いです。特に高校生から社会人までのレベルの語句の場合、似ているアルファベットが多かったり、接頭辞の後に付いているアルファベットが多いです。

覚える時は接頭辞に注目して、構成を分析しながら記憶していくと効率よく覚えられやすいです。

impossibleという語句の場合、imとpossibleに分かれます。imは接頭辞で基本的には否定の意味を表しています。possibleは可能なという意味ですが、imを付けるだけで不可能なという意味になって、効率よく覚えられます。comという接頭辞は、一緒にという意味を成します。

覚えていく時に後につく語句を考えながら、英単語を覚えていく事で次第に馴染みのある感じが湧いてきて、関連した用語などを理解できるようになります。英単語を日本語に訳する時、完全な日本語として覚える事を優先しないで、イメージとして記憶する癖を身に付けると覚えやすいです。語源を調査したり、意味に繋げるために漠然とイメージをしながら、日本語に結び付けて行く事で負担を感じないで少しずつ覚えて行くことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket