英語道場|楽しく勉強することをポリシーとして…

 

何のために日本の学校では、英語でよく使われる「Get up」や「Sit down」と言う場合に、「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」と言う風な感じに発音する場合が多いのか?こういった語句は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発するべきだろう。
NHKラジオ番組の中でも英会話の語学番組は、CD等でも聞ける上に、ラジオの英会話番組中ではいつも人気上位であり、料金が無料で高品質な内容の英会話プログラムはないと思います。
リーディングの勉強と単語習得、双方の学習を併せて済ませるような生半可なことはしないで、単語をやるならひたむきに単語だけまとめて覚えるべきだ。
いわゆるTOEIC等のテストは、決まった間隔で実施されるので、ちょいちょいトライするのは難しかったのですが、CASEC(キャセック)という新しいテストは、ネットを使って何度も受けることができるから、TOEICのための準備運動としても推薦します。
通常英会話では、始めに文法や単語を暗記する必要があるが、とりあえず英語を話す為の目標を確実に設定し、知らない内に作ってしまっている、メンタルブロックを除去することが大切です。

あがらずに話すためには、「長時間、英語でしゃべる環境を1回作る」ことよりも、「短時間だが、英語で話す場を数多くもつ」方が、めちゃくちゃ有効です。
英語で会話する場合に、意味を知らない単語が出てくる機会が、よくあります。そのような時に役立つのは、話の筋道からおおむね、こんなような意味かなと考えることです。
英会話教育の意識というより、具体的に英語を話さなければいけないときの考え方になりますが、へまを遠慮せずに大いにしゃべる、このような態度が上手な英会話の重要要素だと言えます。
はじめに直訳することはせず、欧米人の表現自体を模倣する。日本人的な発想でなんとなく文章を作らないようにすること。常套句であれば、なおさら日本語の単語を単純に変換しただけでは、普通の英語にならない。
アメリカにある会社のコールセンターというものの多数が、アメリカではなくフィリピンに開設されているのですが、コールしているアメリカのお客さんは、相手方がフィリピンで電話を受けているとは気付かないでしょう。

有名なロゼッタストーンは、日本語という母国語を使用せずに、学習したい言語のみを利用することにより、その国の言葉を修める、ダイナミック・イマージョンという有益な学習方式を取り入れているのです。
楽しく勉強することをポリシーとして、英会話の全体としての力をレベルアップする英語レッスンがあります。そこではテーマに相応しいおしゃべりによって話す能力を、トピックや歌等の潤沢なテキストを用いて聞く能力を上昇させます。
それなりに英語力がある方には、ひとまず海外ドラマ等を、英語音声と英語字幕を使って視聴することを勧めたいと考えています。全て英語の音声+字幕で、どのような内容を述解しているのか、トータル把握できるようにすることがとても大切です。
最初から文法というものは不可欠なのか?といったディスカッションは始終されてるけど、私がつくづく思うことは文法の知識があると、英文読解の速度が日増しに上昇するので、のちのち非常に役立つ。
スカイプによる英会話レッスンは、通話料そのものがかからないので、ことのほか安上がりな学習方法です。通学にかかる時間も不要だし、時間も気にせずにどこででも勉強にあてられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket