英語道場|英語力が中・上級レベルの人には…

 

スピードラーニングというものは、入っているフレーズ自体が実用的で、普段英語を話す人が、日々の暮らしのなかで言うような言い回しが中心になるように収録されています。
英語力が中・上級レベルの人には、ひとまず英語の音声と字幕を使うことを推奨します。英語で音と字を同時に視聴することで、どのようなことを話しているのか、洗いざらい理解できるようにすることがとても大切です。
わたしは有名な英単語学習ソフトを使って、総じて2年程度の勉強をしたのみで、アメリカの大学院入試程度の基本語彙を獲得することが可能になりました。
英単語の知識などの技術を高めるだけでは、英会話は上達しない。そんなものよりも、英語のEQ「心の知能指数」をアップさせることが、英語を使うために、特に不可欠なものと掲げている英会話トレーニングがあります。
英語勉強法というものには、リピーティング方式、速さを要するシャドウイング、聞きながらイメージして文章を書き移す、ディクテーションなどの多くの効果的ラーニング法があるわけですが、初歩の段階で最も有益なのは、十二分に聞き続けるという方法です。

TOEIC等のテストで、高い得点を上げることをゴールとして英語学習している人と、ネイティブのように英語を話せるようになりたくて、英語指導を受けている人では、おしなべて英語をあやつる力に確かな差が発生しがちである。
いわゆる動画サイトには、学習する為に英会話を教えている先生や講師グループ、日本にいる外国人などが、英会話のトレーニングをしている人のための英会話レッスンの実用的な動画を、あまた載せてくれています。
ある英会話スクールでは、「初歩的な会話ならなんとか話せるけれど、本当の気持ちが自由に表現できない」という、中・上級段階の方の英会話の心配事を除去する英会話講座だとのことです。
もしも皆さんが現在、難易度の高い単語の暗記に苦戦しているのならば、すぐそんなことは中断して、現実的に外国人の話の内容を聞いてみることをおすすめします。
リーディングの勉強と単語の習得、その両者の学習を並行して済ませるような生半可なことをしないで、単語を覚えるなら単語オンリーを一息に頭に入れてしまうとよい。

日英の言葉が予想以上に異なるなら、現段階では他の諸国で妥当な英語学習のやり方もそれなりにアレンジしないと、日本人の傾向には有効でないようだ。
普通、英会話のオールラウンドな能力を上昇させるには、英語のヒアリングや英語の会話をするということのその両方を練習して、より活用できる英会話のスキルを修得することが大事なのです。
なんで日本人というものは、英語でよく使われる「Get up」や「Sit down」と言う場合に、そのまま読みの「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」といった感じに発音するのか分からない。これについては「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音するべきだ。
暗唱することで英語が、頭の奥底に溜まっていくので、たいへん早口の英会話に対応していくには、それを一定の回数聞くことができればできるようになる。
何を意味するかというと、言いまわし自体が着実に聞き取りできる段階に至れば、フレーズ自体を一つの単位で記憶の中にストックすることができるような状態になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket